2月14日 柳家わさびの落語会

やっと、情報解禁です。柳家わさびの落語会!

炎の博記念堂に来ていただくのは3年連続となります。1回目の時は坊主頭の二つ目でしたが、昨年真打に昇進され、春風亭一之輔の落語会にゲストとしてお越しいただいたのが2回目。髪の毛が伸びていました。

そして3回目となる今回は、ご自身が「いつかやってみたい」と思っていたという企画で、満を持しての登場です!果たして今回はどんな髪型になっているのか?(違うか)

1月~2月は、近隣のホール等でも様々な落語会が予定されていますが、炎の博記念堂の今回の落語会は明らかに異彩を放っています。チラシを見れば一目瞭然です。

その内容は、「明治」「昭和」「平成」というそれぞれの時代を意識して落語を楽しもうという、いたって真面目な企画。わさび師匠が「時代縛り」でどんなネタを選ぶのか、はたまたご自身の創作落語も飛び出すのか?

明治や昭和を懐かしく思ったり、同じ時代の感覚に共感したり、同じ噺でも世代によって感じ方が違ってくるのもまた面白いところ。

三代バナシということで、親子二代と言わず三世代で楽しむ、というのもいいのではないでしょうか。高校生以下は前売り1,000円ですので、ぜひお気軽にご参加いただければと思います。

 

柳家わさびの落語会 三代バナシ~明治・昭和・平成の噺~

日時:令和3年2月14日(日)13時開場 14時開演

場所:炎の博記念堂文化ホール

料金:一般2,500円 高校生以下1,000円(当日券はいずれも500円増)

当日はバレンタインデーということで、全員にチョコレートをプレゼント!

インターネットでのチケット購入はこちらから→http://ptix.at/QO9Lyx

 

※席数を半分以下に減らしての開催となりますので、チケットはお早めにお求めください。

※また、当日は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、手指消毒や時間差での入場・退場など、係員の指示に従っていただきますよう、ご協力をよろしくお願いいたします。

お問い合わせ:炎の博記念堂(0955-46-5010)