TAROFES タロウと縄文と子どもたち

Print

日時:平成30年12月22日(土)9:00~17:00
会場:炎の博記念堂文化ホール・ホワイエ
入場料:一般1000円・大学生以下500円

タロフェスオリジナル動画「ジョーモンパフォー!」上映
映画「縄文にハマる人々」上映
タロウマルシェ開催

詳しくはこちら

ひびきあうひび vol.6 柳家わさびの新春落語会「らくごメシ」

わさ金柑

日時:平成31年1月14日(月祝)13時30分開場14時00分開演
場所:炎の博記念堂文化ホール
入場料:前売り2500円・当日3000円
(甘酒と金柑デザート付き)
細身の若手人気落語家・柳家わさびさんをお迎えしての新春落語会。有田の美味しい金柑を使ったデザートや甘酒と一緒にお楽しみください。

詳しくはこちら

歴史と文化の森公園 炎の博記念堂平成6年2月から建設に取り掛かり、平成8年には255万人の入場者を迎え、世界・炎の博覽会が盛会裡に終了しました。この公園は、世界・炎の博覧会に併せて有田、西有田の歴史と文化のシンボルとして整備され、平成9年4月にオープンしました。
広大な公園の高台にある炎の博記念堂はクラシックなどのアコースティックな音楽に最適な文化ホールと多目的に使用できるコンベンションホールを併設しています。
建築構造は鉄筋コンクリート構造で、地下1階地上2階建です。文化ホール屋根は銅板葺きですが、コンベンションホール屋根は、採光と軽量化を目的に鉄筋組みガラス繊維白色布材の天幕構造となっています。 建築様式として、中世ヨーロッパで発祥したバロック建築様式とロココ建築様式の雰囲気を 基調に建築しています。


Webでの表示は炎の博記念堂となっていますが、正式には火が三つの炎です。